So-net無料ブログ作成
検索選択
青春期 ブログトップ

高校生活最後の勇気-2 [青春期]


3.ある昼休みのこと

ある爽やかにはれた、
ぽかぽかと暖かい冬の日であった。

私は数人の友人と、
運動場の片隅の鉄棒で、
ひなたぼっこをしながら
鉄棒にぶら下がったりして
遊んでいた。

遠くの方で
彼女が歩いているのを見つけた。

私は、一番高い鉄棒にぶら下がっていた。
俄然!!元気が出てきた。

思いっきり体を降り始めた。
まず、
覚えた”小振り”から始めた。
成功!

次に連続して、

”中抜き”に入った。
これも成功!!
うまく腹が鉄棒に着かず、スムーズにすり抜け、
大きく鉄棒の後方に
全身を突き放すことができた。

まっすぐに伸びた両腕から
足の先まで直線に伸びた全身を

両腕に握りしめられた鉄棒を軸に

大きく前に振り下ろすと、

”大振り”の体勢に変わり、
逆スイングが始まり大振りの元の位置に戻ってきた。
素早く最高点で
鉄棒を握った鉄棒を支点に
グリップから両肩まで
両腕をまっすぐに保ちながら

両肩を支点に
身体を一直線に保ちながら
体の腹部をそのまま鉄棒に引きつけ
しかし腹部は鉄棒に接着しないように

そのまま一気に
もう一度、
”中抜き”に入った。
これも成功した。

同時に、連続して

”けあがり”の体勢に入った。
強く鉄棒から体を後方に引き離し、
両腕は真すぐ伸ばした。
前方に身体は大きくスイングし、
逆スイングするその瞬間腰を軸にV字型の姿勢に移る。

そして戻りざまに
両腕にしっかり握られている鉄棒に向かって
腰を思いっきり跳ね上げた。

体は直立の姿勢のまま、
上半身は鉄棒上に両肩を軸に浮き上がり、
全身は鉄棒を軸に半回転した。

と同時に、
後ろに体が振り返す寸前に、
両足を、腰からしたの両足をまっすぐ伸ばしたまま、
V字型に振り上げる。

戻る反動で、両腕を伸ばしたまま、
腰を鉄棒に引きつける。

と同時に、
全身を直立の姿勢に返した。
両腕でしっかり固定した鉄棒と腰を支点にして、
後ろに半回転しながら、直立した姿勢の体はぴたりと、
鉄棒の上に留まった。

体操選手ではない素人の私にしては上出来だった。
あの子がこちらを振り返ってくれたかどうかはわからない。
友人達は、”うまくできたなあ”と言ってくれた。

内心冷や汗をかいた。
なぜ?
このとき”気合いが入った”のか?
知られてしまったような気がしたからだ。
でも、
”誰にも何もはなしていないので大丈夫!”と
自分に言い聞かせた……。


4.2年生の時の放課後の出来事

私は、クラブ活動のため、教室を出ていたが、
忘れ物をして教室に戻った。

すると、
放課後、
彼女は誰もいない私の教室で受験を控え、
自習していた。

一瞬息をのんだ!
まさか、
こんなところで勉強しているなんて!?
冷静さを装いながら、
私は「がんばっているんやね~!」と
月並みの台詞をはいて慌てて、
部室へと、
我が教室に名残惜しさを感じながら出ていった。

(予告編)

5.ある日の決意

3年生の初春を迎えた頃、
高校生活もそろそろ終わりを迎えていた。
ある一つの決意と勇気が求められていた。

受験を控え、
夢中になるのは戒められる必要があった。
しかし、
今という青春を無駄にしたくない、
後悔したくないという
「価値ある青春時代にしたい」、
という燃え上がる気持ちもあった。

私は、彼女が親しくしている友人に、
手紙を託した。

『「貴方は私にとって、心の中の”一輪の花”のような存在です」

(今思うとキザっぽい?)と書いて、

「S駅の待合室でPM4;30にあってください」』

と書いていた。


高校生活最後の勇気-4 青春の条件 (3) [青春期]


相手を拘束する理由などどこにも無かったのである。

悟るまで何年かかったであろうか?
自分の選択の自由は、
決定した瞬間自分を束縛(自由な意志決定)すると
同時に相手をも縛ろうとするのである。

ここに錯覚があった。

意志決定の自由が相手にも共有されるとき
二人の自由は、お互いに手を携え合い、
その中で共有した創造的自由が、
長期にわたって持続的に生み出されない限り、それは必ず
お互いにとって桎梏と変わるのは時間の問題だった。

限りなく自己を変え、
向かい合う相手も、
進んで自らを、
常に現在と未来に向かって、
共有する夢と希望に向かって
変えていかない限り、
二人の関係は未来永劫には
続かないのである。

それは、忍耐強さ、
心身の豊かさが現実の遅々として進まない、
しかし現実には避けられない内面の格闘
お互いに求められていた。

だからといってその努力によって
二人の間にめでたく花開くというほど
活きた現実は甘くはない。

先の長い道程は二人に、
刹那的な満足をさえ与えはしなかった。

図書館の外では、

沖縄無条件返還を!」、
ベトナム戦争反対!」

のシュプレヒコールが遠くから聞こえてきた。
時は18歳の初夏の頃であった。


高校生活最後の勇気?-4 青春の条件?(2) [青春期]

その後、
何も無かったかのように日々は過ぎ去った。

ある日の昼休み、
いつものように図書館で
学習し、昼休みと共に食堂に向かった。
ちょうど館内のメイン通りに来たとき、
彼女にばったり出会った。

慌てて私は声をかけた。
「やあ~!」
大きな声を出したつもりだったが、思ったように声は出なかった。

「ううん……!」
あまり、すっきりしない、曖昧な応えがかえってきた。

「どう、がんばってるんか?」
「今、どうしているん?」

少ししてから、
「T予備校に通っているの」という
返事が返ってきた。
思いの割にはもどかしい問答が続いた。

突然、男性が割って入ってきた。
何か彼女に声をかけた。
”内心の衝撃”は脳天をかち割った。
頭は”カーッ”となり、心は激しく動揺した。

彼女もびっくりしたのか、
かなりきつい口調、怒鳴るような口調で、
「あっー、後で行くから先にいっててっ!」

かなり、動揺の素振りを呈していた。

「いっ!、いまの人は誰ですか?」

知らず知らずのうちに
問いつめるような口調になっていた。

「うっうん…!同じT予備校の友達です」。

度を失っていた私は、それ以上の、
展開をできなくなってしまっていた。

彼女は、
「また…、私から会いにきます…」

と、私には合点のいかない返事を残し去っていった。

思うに、
相手からすれば

”他に何人の友人がいようが、当たり前の話”

なのだが
未熟な自分にとっては

”晴天の霹靂”

であった。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

高校生活最後の勇気?-4 青春の条件?(1) [青春期]

高校を卒業して数ヶ月後のこと
私は、当時図書館に通っていた。
卒業して以来、
劇的な告白をしたあの子とも
一度もあっていなかった。

そのころ、
私は毎日図書館通いをしていた。

多くの人が集まる大広間で
1.5m位の幅で
何列にも横に並んでいるテーブル
みんなと同じように勉強していた。

私は、ある事についての学習に熱中していた。
何か予感がしたのか?
ふと!頭を上げ、
あの没頭した直後の視点の定まらない目で
何気なく前に目を向けていた。

1~2秒はたっていただろうか?

目の前にE子がいるでは無いか !!?
彼女も何か向かいのテーブルで書き物をしていた。
私は心臓が止まりそうだった。

前にいる彼女はやや青ざめた感のある様相で、
それがいやに私には白く美しく見えた。

私の思いが彼女に伝わったのか?
と思った。

しかし、それは思い過ごしであった。
少したってから、見知らぬ青年が彼女のそばに
近づいてきた。

そして、何かを告げると
彼女もうなずいて、
すぐ後を追うように席を立った。
私にはまだ事態の深刻さを実感していなかった。
(続く)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

高校生活最後の勇気?-3 運命の瞬き! [青春期]


個人のページランキング



5.ある日の決意

3年生の初春を迎えた頃、
高校生活もそろそろ終わりを迎えていた。
ある一つの決意と勇気が求められていた。

受験を控え、夢中になるのは戒められる必要があった。
しかし、今という青春を
無駄にしたくない、
後悔したくない、
「価値ある青春時代」に
したいという燃え上がる気持ちもあった。

長いためらいの末、決断した。
当初は”断られたらどうしよう?”とか
マイナス思考ばかりが働いた。
最初から自信など無かった。
しかし、よく考えたら、断られても自分にとって
何一つ失う物はないという結論に至った。

プライドは傷つくかもしれないが、
それで、己という人間が低められるわけでも
高められるわけでも無く、
それがありのままの自分だと言う考えに至った。

むしろ、この場合は、
”勇気”をこれからも持たねばならないという
試練の機会だと決断した。

早速、私は、彼女が親しくしている友人に、
手紙を託した。当初いつ渡すか迷った。
しかし、数学の時間のクラス移動の時ということにした。
「貴方は私にとって、心の中の”一輪の花”のような存在です」
(今思うとキザっぽい?)と書いて、
S駅の待合室でPM4;30にあってくださいと書いていた。

6.運命の瞬き

大急ぎで後を追った。駅の地下の待合室の入り口に着いた。
一瞬、待ってくれていなかったらどうしよう?と
不安がどっと内心を揺さぶった。
心臓は400mを全力疾走しているように高鳴った。

立ち止まりながら、目を凝らして中をうかがった。
”いた!”いてくれたのだ。
胸に何かあつい物がこみ上げてくるのを感じた。

ガラス製の大きなドアを押し開くと
彼女の前に押し進んだ。
E子の姿だけが目前にあった。
あとは中に浮いているような状態であった。
他人が見ると夢遊病者かもしれない。

立ち止まると、よく覚えていないが、
「あ、ありがとう。待ってくれて…。」
それに彼女がどう応えたか記憶がない。

とにかく、
「これからも友達としてつきあってくれませんか?」
と伝えたような気がする。
それに対して、何かいいながら
「あ、うん、いいよ…」と、「でも、友達としてなら」とも
聞こえてきたような気がした。
とにかく「OK」と言うことは理解できた。

”頭はカーッと熱くなり、
心臓は高鳴り、
脇は冷や汗でいっぱいだった”。

その後、

「一緒に帰ろう!」

と言う言葉がなかなかでず、

『えっ!?』

『これでお別れるするの?』と

もう一人の私が慌てて問いかけてきた。

「あ、あー、一緒に帰りませんか?」と

あわてて問いかけていた。

「ハイ!」と

いう返事が返ってきた。

”何故?”
又いちいちお伺いたてなければいけないの?

ぎこちない自分を振り返って、
ホントに幼かったと感嘆した。

その後は、ご想像に任せますが、宇宙遊泳するように
どこを歩いたか、現在位置の確認もできないまま、
彼女の自宅近くまで送っていったような気がする。

どこを通ったか、全く道順に記憶がない。


nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

高校生活最後の勇気?-1 [青春期]

個人のページランキング

それは、卒業間近のある放課後であった。
校舎の二階の窓から中庭を通って帰るE子の姿があった。
ちょうど放課後の掃除が終わったばかりであった。
あわてて、鞄をとって駆け下り校門の外へ出た。

1.白鷺城の思いで♪

3年間、何となくほのかな恋心を抱いていた人がいた。
その子がふと気になりだしたのは、
それは高1の時、
姫路城へ、
学年全体でバス旅行をしたときのことだった。

姫路城の城内の広場で、
暖かい秋の日差しを浴びながら、
クラスメイト達と、
うきうきと楽しそうに、
お話ししている彼女を見た。
その時だった。

それまで別に目にも留まらなかった彼女が、
急に私の目を
無意識のうちに引きつけたのであった。
彼女の瞳は輝いていた。
体全身が躍動していた。

何故か?
その子を見るや、
心ときめき、
心臓の鼓動が高鳴り、ドキドキした。
それまで無かった感情が、
電気のようにから全体を流れた。
一目惚れとは、こういうものなのか?
ふとおもった。

白鷺城の美しさを見て、
私の心も躍っていたのかもしれない。

2.ある廊下での出合い

ある用でEさんに、”Eさん”と呼びかけた。
彼女は歯切れよく”ハイ”と応えてくれた。
その声の響きは、
私の心の感度をますますよくした。
そのときの真っ黒の澄んだ瞳は、
私の目をはなさなかった。
私の片思い?が
始まっていたのかもしれない。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ
青春期 ブログトップ